2020.09.11

宮崎の郷土料理地鶏の炭火焼を使って簡単”地鶏蕎麦”!

誠屋

食べる食べる


少しずつ朝晩が冷えてきましたね。セブングレインパスタを使って、宮崎県の郷土料理「地鶏の炭火焼」をのせた、少し贅沢なそばを作ってみませんか?

作り方は簡単♪お鍋二つで地鶏蕎麦の出来上がり!

■材料(2人分)
・セブングレインパスタ 1袋(180g)
・誠屋 鶏の炭火焼き 1袋(100g)
・水 550ml
・白だし 適量(推奨の分量より少なめ)
・お好みで三つ葉やネギなど 適量

■作り方
1.鍋にたっぷりと水を入れて火にかけます。※塩を入れる必要はありません。
2.沸騰したら、麺をパラパラと入れて時々かき混ぜながら標準ゆで時間ゆでます。
※標準ゆで時間は袋裏面に記載。
3.別の鍋で水550mlを沸かし、白だしを入れてゆつを作ります。
※地鶏の炭火焼を入れて煮込むと、旨味がでて美味しくなります。
注意)地鶏を煮込む場合は地鶏から塩分が出てくるので、白だしは後から入れて味を調整してください。
4.麺が茹で上がったら、お湯を切り器に盛ります。
5.つゆをかけて、地鶏をのせお好みで三つ葉やネギを添えれて出来上がり。

化学調味料を使用せず、 素材本来の旨味を活かした「誠屋」の鶏の炭火焼き

宮崎を代表する郷土料理として知られる炭火焼き。
ガスのおよそ4倍と言われる高い火力で一気に焼き上げ、
素材の旨味を逃しません。
誠屋はSUMIBIYAKIを世界共通語にするべく、
炭火焼きの可能性を追求してまいります。

また、誠屋は化学調味料を使用せず、
素材本来の旨味を活かした商品開発を大切にしています。
和食に欠かせない出汁の旨味で食材の魅力を引き出した、
自然な美味しさをお楽しみください。

お蕎麦としても活用できる!職人の技がひかる100%九州産のセブングレインパスタ(九州七穀パスタ)

九州パンケーキミックスと同じく、九州産の小麦粉と雑穀を使い、南島原(長崎)で120年間の歴史を持つ食品工場のそうめん職人さんが手間を惜しまず丁寧に作った、”もちもち食感”の自然派パスタです。 
まるで生パスタの様なもちもち食感で、和洋中のあらゆる調理法に応用できます。
九州の大地から厳選した小麦(ミナミノカオリ)、風味豊かな雑穀(もちきび、発芽玄米、胚芽押麦、黒米、赤米、うるち米)、ミネラル豊富な長崎の海塩、雲仙の伏流水のみを使用し、手間を惜しまず丁寧に作った、もちもち食感の自然派パスタです。
加工でんぷん不使用、着色料不使用、香料不使用


関連商品

関連ブランド

100%九州産のセブングレインパスタ(九州七穀パスタ)

九州の大地から厳選した小麦(ミナミノカオリ)、風味豊かな雑穀(もちきび、発芽玄米、胚芽押麦、黒米、赤米、うるち米)、ミネラル豊富な長崎の海塩、雲仙の伏流水のみを使用し、手間を惜しまず丁寧に作っています。
まるで生パスタの様なもちもち食感で、和洋中のあらゆる調理法に応用できる全く新しいパスタ です。
※加工でんぷん不使用・着色料不使用・香料不使用

SUMIBIYAKIを世界共通語に 炭火焼きの可能性を追求

OFFICIAL SNS公式 SNS

INSTAGRAM@kyushu_island

FACEBOOK