2020.11.06

【九州パンケーキ素材】松井農園さんのアイガモ米ができるまで〜稲刈り編〜

九州パンケーキ

マガジンマガジン


九州パンケーキの大切な材料の一つ”発芽玄米”は、オーガニック農業のふるさとと言われる宮崎県綾町の契約農場【松井農園】で無農薬の合鴨農法で丁寧に育てられたお米で作られています。
松井農園さんのアイガモ米ができるまで。今回で最終!7月に植えた田んぼが、黄金色に色づき、今年も無事に合鴨米の収穫ができました!
田植え編はこちらから。
前回のアイガモがやってきた編はこちらから。

まさに実りの秋!黄金色が一面に広がっていました。

10月某日の晴天の日の収穫に立ち合わせていただきました。
今年は、7月に田植えをし、アイガモちゃんがやってきてから長雨や猛暑でアイガモちゃんの活動が鈍く、稗などの雑草が多かったため、収穫量が例年よりも少ない箇所がありました。ただ、お米の出来は上々とのこと。
まさに収穫は心が豊かになる瞬間です♪

日本で無農薬栽培は大変?!

日本は温暖多雨のため、雑草・害虫・病原体の活動が盛んになるため、EU諸国と比較して、無農薬栽培の普及がまだまだ進んでおりません。
日本での無農薬栽培はそれだけでも貴重なことがわかります。
周辺の田んぼでは害虫(特にウンカ)の被害が多く出ていましたが、アイガモちゃんのおかげで、害虫被害はありませんでした。また、台風の影響も少なく、倒れた稲がなかった為、スムーズに稲刈りができました。

収穫後は丁寧に発芽玄米に加工していきます。

松井農園さんの合鴨米は『ヒノヒカリ』という品種で、九州を中心に生産されています。
ヒノヒカリは「コシヒカリ」と「黄金晴」の交配によって生まれた水稲ウルチ米で、粒は小さいながらも厚みがあり、全体に丸みをもっています。味・粘り・香りともにバランスが良く、ふんわりとしたお米元来の風味を味わえるお米です。

これから、乾燥させて籾殻をとり、発芽玄米への加工をするのは、宮崎県日向市の雑穀商の「株式会社コダマ」さん。昭和20年から彼の地にてお米の取り扱い、加工をしている老舗の会社さんです。松井農園さんが情熱を傾けて育てたお米を丁寧に発芽玄米に加工してくださいます。

松井農園さんの貴重な無農薬栽培の合鴨米を皆さんにお届けできるよう準備中!

今年は、KYUSHU-ISLANDオンラインショップにて、松井農園の玄米と白米をお買い求め頂けるようになります。
松井農園の合鴨米は、100%KYUSHU-ISLANDの素材として使用する為、一般流通しない大変貴重なお米です。
無農薬で手間暇をかけた合鴨米、ぜひお楽しみに♪


関連ブランド

世界へ届けたい"美しい島"九州の魅力を、
KYUSHU-ISLANDブランドで。

九州の豊かな農業資源や地元に伝わるものづくりの伝統技術を活かしていつまでも愛される地域ブランドを創造します。
安心して楽しめて毎日の生活を豊かにするクラフトマンシップあふれる商品づくりを追求する。そんな想いで、九州で採れる素晴らしい食材の数々を 素敵なプロダクトにして皆さまの元へお届けして参ります。
Made in “KYUSHU!” JAPAN
九州から世界へ、笑顔を届けます。

九州パンケーキは、九州産の小麦・雑穀を使い、
丁寧、正直に
心をこめてつくった
パンケーキミックスです。

生産者と共に地域風土に根ざした商品に育てていくことを目標として、産地と消費者を繋いでいきます。九州パンケーキのある幸せな食卓の風景が、子供達の楽しい思い出となりますように。九州の大地から私たちがニッポンを笑顔にしていきます!

100%九州産のセブングレインパスタ(九州七穀パスタ)

九州の大地から厳選した小麦(ミナミノカオリ)、風味豊かな雑穀(もちきび、発芽玄米、胚芽押麦、黒米、赤米、うるち米)、ミネラル豊富な長崎の海塩、雲仙の伏流水のみを使用し、手間を惜しまず丁寧に作っています。
まるで生パスタの様なもちもち食感で、和洋中のあらゆる調理法に応用できる全く新しいパスタ です。
※加工でんぷん不使用・着色料不使用・香料不使用

いつもの朝食がもっと楽しくなる、
ちょっと贅沢な食パン。

熊本県玉名産のミナミノカオリを中心に独自配合したプレミアムな小麦と穀物の豊かな香り。こだわりの自家製発酵種を加えて丁寧に店内のオーブンで焼き上げた、心から安心できる美味しい笑顔を九州の大地からお届けします。

OFFICIAL SNS公式 SNS

INSTAGRAM@kyushu_island

FACEBOOK